東京事務所

東京都港区南青山二丁目2番15号
ウィン青山1214号

TEL : 03-6271-5826
FAX : 03-6730-9474

プログラム社員満足と顧客満足を循環させる「ES-CSチェーン™」とは

「ES-CSチェーンTM」の構築を目指す本プログラムは、顧客のフィードバックを活用して社員の幸福感やエンゲージメントを高める仕組みを社内に構築するものです。『業績と幸福感が両立する企業の質的研究』において弊社代表の村木が突き止めた「マスアイデンティティ」という社風の創出を目指し、業績に結びつく施策を展開するためのプログラムをワンパッケージでご提供します。

※マスアイデンティティ
統一された理念と利益意識のもとで、相互支援的な社風と一人一人の強みが発揮できている状態。マス=全体性と、アイデンティティ=個々の個性が両立している様子を指す。

コンサルティングプログラム内容 全6回

  1. 第1回:現状認識とコンサルティングの目標

    1.個人と組織の力が求められる背景の理解
    2.個を活かす【ES】/会社発展の源【CS】を連携させる意義
    3.個を活かす=社員の幸福感が業務に与える影響
    4.現状課題とありたい姿の確認
    5.ES-CSチェーン構築の流れ

  2. 第2回:目指す方向の確認

    1.現状の理念体系の確認
    2.ビジョンの役割・活用方法の再確認
    3.ビジョンの作成と浸透策の確認
    4.クレド(行動指針)の果たす役割の理解
    5.  クレド(行動指針)の作成と浸透策の確認

  3. 第3回:ES-CSチェーンを循環させる「人づくり」

    1.必要とされる人材管理の方向性
    2. 内的キャリアへの着目と天職の意味付け
    3. 質的な成長を促す機会の提供
    4.自分と相互の強みの理解
    5.ES方針の作成

  4. 第4回:ES-CSチェーンを循環させる「組織づくり」

    1.職場の人間関係が陥りやすいパターンと脱出方法
    2.ES-CSチェーンの構築に有効な組織づくりの考え方と手法
    3.発散型の課題解決方法
    4.狙いとするコミュニケーションの変容
    5.やらされ感をなくす環境づくり

  5. 第5回:ES-CSチェーンを循環させる「戦略づくり」

    1.戦略の整理と課題抽出
    2.環境分析・戦略策定ツール
    3.ビジネスモデル検証ツール
    4.ES-CSチェーンのサイクル
    5. 気づく能力を高めるポイント

  6. 第6回:ES-CSチェーンマニュアルの作成と全体のまとめ

    1.ES-CSチェーングランドマニュアルの作成と活用
    2.ES-CSチェーンを循環させるルーティンの確立
    3.外部環境の変化に敏感になるための考え方とルーティンの確立
    4.広報・ブランディングへの活用
    5.最終確認

    ※貴社の状況に合わせて内容・回数はアレンジします。ご相談ください。