東京事務所

東京都港区南青山二丁目2番15号
ウィン青山1214号

TEL : 03-6271-5826

ES-CSコラム 村木 則予 執筆のコンサルティングコラム

会社の業績と働く人の幸せを両立するための考え方や方法についてお伝えします。 (毎週更新)

第92回 今から10年後の2030年、貴社はどんな事業をしていますか。

先日の日経新聞に「在宅勤務権」という言葉が登場していました。文字通り、在宅勤務をする権利です。欧米が先行し、日本も問題はあるものの追随する動きが出てくるのではと予想されています。 コロナ前には思ってもみなかった在宅勤務の常態化。オリンピック開催時の交通渋滞を避けるためとい...

詳細はこちら

第91回 コロナ対応の補助金がいっぱいありますが、当社に当てはまるものはありますか。

「中小企業向けの補助金がたくさん出ているんですが、どれが当社に当てはまるのでしょうか?」 先日、懇意にしている社長からお尋ねいただきました。補助金専用サイトを見ると、持続化給付金、家賃補助などたくさんの支援策が並んでいて、確かによくわからない。そこで一度整理してみることに...

詳細はこちら

第90回 未来を拓くアイデア創出法

「やはり、出てきましたね」と思いました。そして「考えた人、えらい」と思いました。それは、毎月、毎月、まじめに賃貸住宅の家賃を払い続けると、20年、30年後には自分のマイホームになっているという商品。新進のベンチャーが販売を始めています。 昔も今も変わらぬ「賃貸派」vs「持...

詳細はこちら

第89回 経営者の器と業績の関係

何人もの経営者や起業家とお会いしていると、「この人は経営者の器だな」と思うことが時々あります。 「器」とか「器量」とかいう言葉は、何とも曖昧でとらえどころがありません。似たような言葉に「人間性」がありますが、これも何とも曖昧で、なんとでも説明がつく言葉です。 最近、ある人...

詳細はこちら

第88回 儲かりそうもない商売で利益を出したいとき

世の中には社会的に意義のある事業を始めようという方がたくさんおられます。私は起業家の支援もしているので、そんな方に良く出会います。 先日来られた女性もその一人、障がい者が作る粘土細工を販売して、彼らが社会的に自立できるよう支援する事業を始めたいというお話しでした。こういう...

詳細はこちら

第87回 ソーシャルディスタンシングの恩恵に浴する考え方

コロナショックがもたらしたキーワードの一つ「ソーシャルディスタンシング」。距離をとることが否応なく強いられる環境下では、人と人との接触によって成立するサービスがことごとく変容を迫られています。 エステサロンや美容院は至近距離でのサービス提供が大前提、飲食店では客同士の距離...

詳細はこちら

第86回 コロナ共存社会の新しい稼ぎ方

5月6日に予定されていた非常事態宣言の延期が決まりました。思いのほか長引いているコロナ対策。今私たちに求められているのは「対策」ではなく「適応」であるという論調があちこちで見られるようになりました。 「新型コロナウィルスはインフルエンザウィルスのように常に私たちの周囲にあ...

詳細はこちら