東京事務所

東京都港区南青山二丁目2番15号
ウィン青山1214号

TEL : 03-6271-5826

第194回 頼れる「ナンバー2」を見つけるためのヒント

「私は集客や営業が苦手で…」という言葉、本当によく聞きます。先日お会いした経営者もおっしゃっていました。どちらかというものづくり系の嗜好をお持ちの方。なので、人系の仕事に当たる集客とか営業とかに苦手意識を持つのもよくわかります。

キャリア論を勉強したことのある方でしたらよくご存知のワールドオブワークマップ。縦軸が「データ」と「アイデア」、横軸が「人」と「モノ」、この2軸でマトリクスを作り、職種によってどの象限に位置づけられるかが描かれています。例えばエンジニアリングは、「モノ」✖️若干「アイデア」より、教育は、「人」✖️「データ」と「アイデア」の中間といった具合。

これを見ると、そもそも、ものづくりが好きで会社を始めた社長が、営業も得意、というケースは難しく感じます。大体が人に向かうより、モノに向かっている方が好きで「ものづくり」をやっているわけで、「営業」は事業を大きくしていく上でやらざるを得なくなった、必要不可欠かつ、できればやりたくない重荷なわけです。

考えてみれば、人であるからには、得手・不得手があるのは当たり前。それは、営業だけでなく、人事だったり、経理だったり、I Tだったりします。だから、「ナンバー2」あるいは「右腕」と言われる人を育てて、足りない部分を補完してもらいたいと思うわけですが、ここで問題になってくるのが、誰を選ぶか。

すでに社員がいるなら、その中から選ぶのがいちばん良いと思います。何はともあれ会社の事情をよく知っているし、その人の仕事ぶりも大体わかっているので、社長との相性や忠誠度、他の社員との関係の良し悪しも大体把握できているはずです。

外から呼ぶケースもあります。それはプロだったり、何かの繋がりで以前から知っている人だったりします。こういう場合は、社長との相性はいいのですが、社内に馴染むのに時間がかかるので、それなりのやり方が必要です。

うまいこと「ナンバー2」をしつらえることができたら、まずは一安心。苦手な営業も、I Tも、経理もやってもらえるとなったら、両手をあげて好きな業務に邁進できます。が、ここでも注意が必要です。多くの場合、経営者はナンバー2を信頼するあまり、その人に注意を払うことを忘れてしまいます。要するに、「やってもらって当たり前」状態になってしまう。

ラブラブで結婚した二人がお相手を信頼するあまり、愛情をかけるのを怠ってしまうようなもので、「やって当たり前」状態に置かれたナンバー2は、トップに対する忠誠心が少しずつ、少しずつ、消えていってしまうのです。

この辺り、サポーターの心理を考えてみるとわかります。サポーターは、サポートするのが好きでやるわけですが、それに対する反応や評価が薄いと、自然にモチベーションは落ちていきます。よからぬ誘いに乗ることもあるかもしれません。それがわかっているのであれば、少なくとも、きちんと感謝を伝えることはやっていくべきでしょう。

ビジネス小説などでは、この後「ナンバー2」の離反が起き、会社は混乱状態に陥ります。そして、その混乱状態の中で、トップはナンバー2とのコミュニケーションが不足していたことに気づくわけです。そして、新しい展開が始まります。

小説になるくらいですから、よくあることなのでしょう。ここから得られる教訓は、すごくベタではありますが、「取り巻く人を大切にしましょう」です。簡単なようで難しい、というお話でした。


弊社主催セミナーリニュアル中、秋ごろ再開予定です。

個別コンサルティングのご予約が当サイトからできるようになりました(PayPal支払い)。ご利用ください。

※社員満足と顧客満足を循環させるES-CSチェーンについてのコラムを配信しています。ぜひご登録ください。