東京事務所

東京都港区南青山二丁目2番15号
ウィン青山1214号

TEL : 03-6271-5826

第189回 ビジョンと野望の違いについて

会社を経営していくうえでビジョンの大切さに触れると、何人かに一人の割合で、「そんなもの必要ない」と言われる方に会います。「ビジョンなんてなくても仕事はできる。商品の方が大切」など。

特に最近は、兼業・副業でご自分のビジネスを始める方が多いせいか、ビジョンとかミッションとか、このあたりのカタカナをあまり考えることなく、まずはお金儲けや自分の成長を検討される人がおられる。当たり前といえば当たり前ですが、そのあたり考えていないことの良からぬ影響はいずれ現れるのではと心配します。

誰かにお金を払ってもらうためには、誰かの役に立たないといけない。したがってお客さんの心をつかむ第一の要素は、お客さんの課題を解決する商品やサービスになっているかという点です。

ではビジョンとかミッションとかが、どこで役に立つかというと、実は、援軍を得るときなのです。そして援軍には、外部のサポーターばかりでなく、顧客や社員も含まれます。

気づいている方は気づいておられると思いますが、こと中小企業の領域では、プレイヤーよりサポーターの方が圧倒的に多いという現実があります。少し前には、ベンチャー企業を育てるために用意された資金の多くが使われずに残っているというニュースが流れました。お金はある、けれど、その資金を投入するのに足るプレイヤーが十分にいないという現実です。

そして、サポーターは活躍しそうなプレイヤーを見つけてサポートすることで、その役割を果たします。そして活躍しそうなプレイヤーを見つけるときの目の付け所の一つが、どれだけ大きなビジョンを描き、その実現に向けて熱意をもって取り組んでいるかなのです。

今は目の前のお客さんのニーズに応えているだけだけれど、いずれそのレベルを超えた大きな事業をイメージしているとしたら、その後の展開と事業の成長ぶりを想像することができます。

そしてそのビジョンの妥当性が高ければ、サポーターがプレイヤーに抱く期待も大きくなります。結果として具体的なサポートが得やすくなるというわけです。

ビジョンは言葉ですから、当初は借り物でもなんとかなります。が、それが借り物かどうかは、熟練したサポーターの目には明らかです。借り物にしない方法はただ一つ。その経営者の芯に根差したものであるかどうか。言葉にその人自身の人生や経験が投影されているかどうか。

だから「言語化」というプロセスがとても重要になります。経営者のうちにある、もやもやとした概念を、その全体とまではいかないまでも、大部分を表現できるような言葉を見つけること。そして、それが、世の中の多くの人の共感を呼ぶものであれば、ビジョンがビジョンとしての役割を果たし始めると思います。

さてビジョンと同じく、将来の自分をかたちづくる動機に「野望」があります。「野望」がビジョンと違うのは、ほぼ自己の利益のみを考えているところです。もちろん野望は必要です。行動のエンジンにはなります。でも、それだけだと、援軍は得られません。サポートしても、サポーターの利にならないからです。サポートした結果、社会に良い影響を及ぼし、サポーターの目的も果たせるという約束ができないからです。

ビジョンを言語化しましょう。そして伝えましょう。それは援軍を呼び、援軍はお客さんを呼ぶアイデアを出してくれます。遠回りに見えますが、実に効率的なやり方です。一人でできる範囲は限られています。ぜひ一緒に取り組みましょう。弊社の専門プログラムにご興味のある方はお声がけください。


個別コンサルティングのご予約が当サイトからできるようになりました(PayPal支払い)。ご利用ください。

※社員満足と顧客満足を循環させるES-CSチェーンについてのコラムを配信しています。ぜひご登録ください。