東京事務所

東京都港区南青山二丁目2番15号
ウィン青山1214号

TEL : 03-6271-5826

第188回 どこまでやったら、あきらめていいのでしょうか?

先日、これから新規事業を立ち上げようという若手の経営者と話をしていたときのこと。「まったく新しい事業なので、お客さんを見つけるまでに時間がかかるかもしれない」という話のなかで、ぽろっと「どこまでやったら、あきらめていいのでしょうか」という質問が出てきました。

「この商品は売れるはず」と強く思って開発や販促をやっても、お客さんの反応はいまひとつ。いろいろとアイデアを出してくれる人はいるけれど、自分としてはどのアイデアにも賛同しがたい。かといって画期的な手が打てるわけでもない。こんな時、どこで区切りをつけるべきかは、難しい問題です。

ある人は新規事業に投入する資金の額を予め決めておいて、その額に到達したら強制終了するというやり方をとっていました。先立つものがなければ事業は回せないから、ごもっとも。

ある人は、別の仕事で稼ぎながら資金をため、新規事業に回すというやり方でした。ものづくり系で起業や新規事業を始めようという方によくあるパターンですが、そのもので稼ぎ始げるまではコンサルティングや講師業などノウハウを売る商売でしのぐというやり方。これも一理あります。

私の経験上からも言えるのですが、本当にその人がやりたい仕事であるならば、ある一つの事業形態がうまくいかなくても、機会を変えて、再度同じテーマの仕事に取り組むことが多いと感じます。つまり、何が起こってもあきらめない。言い換えれば、成功したと自他ともに認めるまでやり続ける。これ、よく言われることです。

ここで新たなる問題が生じます。「成功とは何ぞや?」です。一人二人のお客さんを見つけただけでは「成功」とは言えないでしょう。普通に考えても、「成功」とは、お客さんを継続して見つけられ続ける仕組みというか仕掛けを作り上げられたとき訪れると思われます。

でもそれは、はたから見たらわからない。一人二人のお客さんも見つからないのに、すでに成功したかのように仕事をしている人もいるし、ある程度のお客さんを確保しつつも「自分はまだまだ」と考えている人もいる。要するに、少し乱暴な言い方をすれば、成功したつもりになっている人は、成功しているように見える、という話です。

つくづく思うのは、世の中の時間は未来から過去に流れているということです。成功した自分のイメージを明確に描ける人は、成功する確率が高い。その未来が現実に起こると強く信じているからです。だから、そのように行動する。プロセスで工夫を繰り返します。一つの事業形態がまずければ、別の事業形態を探る。一つの顧客設定があってなければ、別の切り口から検討しなおす。

結局のところ、天から答えが突然降ってくるような天才ではない凡人(私を含む)にとっては、どれだけ試行錯誤を繰り返せるかが勝負どころだと言えます。

試行錯誤を繰り返すだけの忍耐を持てるかどうかは、取り組んでいるテーマが本当にやりたいことなのかどうかにかかっています。

全く違う話ですが、最近、50歳を過ぎて起業を考える人が増えたように感じます。定年後の長い人生をどうやって生きていけばいいのか。定年延長や再雇用でいつまでも雇われているのは嫌だ、いっそ起業をして自分の人生を自分らしく生き切りたいと。

そういうときに、周囲に転がっているお手軽なビジネスに手をつけてしまう方が時々いらして、それは大丈夫なのかなと余計な心配をします。

さて、冒頭の質問「どこまでやったら、あきらめていいのでしょうか」の件。

たぶんこの手の質問は、当の本人と、手掛けている仕事の間に距離があるときに出てきます。仕事と本人が一体だとしたら、そもそも「あきらめる」という発想が出てこない。だからこそ、リングの外から白いタオルを投げてあげる必要があります。現実的にはお金の制約を取り上げれば自他ともに納得します。

でも、そのあとも、まだ人生は続きます。その人生を意味あるものにしたいという人は多いはずです。では、どうやって? 多分また形を変えて同じモチーフが現れます。人の思考パターンというか嗜好性というか、は、あまり変わらないからです。そういうところに根ざしたビジネスができる人は幸せです。ぜひ一緒に考えましょう。


※5月10日(火)開催「中小企業のサステナブルブランディング3大戦略セミナー」お申し込み受付中。⇒詳細とお申込みはこちら。

個別コンサルティングのご予約が当サイトからできるようになりました(PayPal支払い)。ご利用ください。

※社員満足と顧客満足を循環させるES-CSチェーンについてのコラムを配信しています。ぜひご登録ください。