東京事務所

東京都港区南青山二丁目2番15号
ウィン青山1214号

TEL : 03-6271-5826

第178回 話がまとまらない人の共通点

仕事柄、いろいろな人のお話しを聞き、アドバイスを求められることが多いのですが、割と高い確率で「何をいいたいかよくわからない」という方にお会いします。こういう人に限って話が長い。聞きながら、何を言いたいかよくわからない理由を考えていたら、こんなことに気づきました。

まず、その理由は二手に分かれます。

一つ目は、考えがまとまっていないので、何を言いたいかよくわからない。

二つ目は、何らかの理由で言いたいことをストレートに表現できないので、結果として、相手には伝わらない。

まず二つ目の方から行きますと、本当は核心をついて話したいのだけど、ストレートに言うのが憚られるという場合です。たとえばお金の話しとか、商品を売り込むときとか。だから相手が「察する」ことを期待します。

相手が「察する」ことに長けている人なら「こういうことね」と返してくれますが、困るのはそうでない場合。相槌は打つものの決して会話は前に進まず、言いたいことが伝わりません。

問題は、一つ目の方。考えがまとまっていないので、何を言いたいかよくわからない場合です。

このケースでもさらにその要因は二手に分かれます。

一つは、本当に自分の中でこんがらがっていて、自分でも何を言いたいかわからない、というとき。頭の中に言いたいことの断片はあるのですが、他人が聞いて納得できる形に体系化されていません。「これがしたい」「これが流行っている」「こういう経緯で」という断片が断片で投げ出されるので、聞き手がそこに文脈を見つけて解釈をしていく必要があります。

私などはそういう仕事を長いことやっていますので、相手の文脈を見つけるのはわりと得意な方ですが、それでも大いに外すことがあります。それは、私の持っている文脈のなかで、相手から出される思考の断片を再構築するからなのです。「他人の解釈」の限界です。

さて、考えがまとまっていないので、何を言いたいかよくわからない。そのもう一つの原因は、情報が多すぎて、本人も統制不能になっているという場合です。たぶん、ご本人は何回も何回も同じ思考を繰り返しているのです。そして、一つのことから派生する別のこと、そこから派生するさらに別のことと思考が広がり、「あれ、最初に言いたかったことは何だっけ?」と途方に暮れている。

私もときどきこの罠にはまるので、良くわかるのですが、解消法はあります。

一つは、時間を置くこと。少しその題材から距離をとって、客観的にみられるようになるまで離れてみることです。

もう一つは、第三者に話を聞いてもらうことです。第三者の視点というのは、時に不愉快になるほど外れていることもありますが、それでも「その見方があったか!」と膝を打つほど目ウロコ体験をすることがあります。

そしてさらに大切なのは、いくら第三者の意見が素晴らしいと感じても、丸ごと信用しないことです。その題材について考えている時間は、あなたの方が圧倒的に長いのです。思い込みも大きい。だから、第三者がどんなに素晴らしいことを言っても、それはその場で起こった条件反射のようなもので、考え続けている人の思考の深さにはかなわない。採用するかどうか決めるのは、当事者たる、あなたです。

今回は抽象的なお話しに終始しましたが、考えあぐねてどこに向かったらよいかわからなくなったら、上のようなお話を思い出してください。そして、まず第一歩を踏み出しましょう。応援しています!


※3月16日(水)開催「中小企業のサステナブルブランディング3大戦略セミナー」お申し込み受付開始しました。⇒詳細とお申込みはこちら。

個別コンサルティングのご予約が当サイトからできるようになりました(PayPal支払い)。ご利用ください。

※社員満足と顧客満足を循環させるES-CSチェーンについてのコラムを配信しています。ぜひご登録ください。